あづま会
 
   
 

団体PR


東長口は、東海市の最東端・大府市との境界に位置し、戸数は自治会単位で約330戸を数える。年々増加の一途を辿りながらしかし静かな住宅地である。60歳超265名、小学生130名、新婚世帯から3世代同居世帯と賑わっている。そんな環境下、会への加入率、約50%だがすべての行事を合同で、力強く行っている。

オリジナル行事として、地域内の美化運動、年2回の温泉旅行そして3カ月毎の誕生会がある。これらは、創立以来30年もの長きに亘って継続していて、会の誇りであり、偉大さである。
協力行事として、自治会主催の盆踊りは会場飾り付けと夜店コーナーで人気のフランクを担当し祭典を盛り上げている。
シニアならではの出番もある。小学校では藁細工・縄ない体験指導または芸能分野で「民踊」を指導。保育園児とは昔の遊びなどを通じてふれあい活動を展開している。

 

団体の概要及び目的

長口地区に居住する58歳以上の男女にて構成。上野台老連に所属。
会員相互の親睦と他会との交流による福祉の推進に寄与する。


活動内容

オリジナル:美化活動、誕生会、研修旅行
協力参加:自治会(盆踊りなど)、市老人連合(スポーツ、芸能大会等)小学校、保育園児との交流。

これまでの主な活動

昭和52年11月14日
内容:初の温泉旅行企画(1泊2日)
場所:天城山/浄蓮の滝

昭和56年7月14日
内容:美化運動スタート
場所:東長口地域内

平成21年10月20日
内容:「30年の歩み」を発刊
場所:市民活動センター